屋根塗装について

屋根塗装ってなんで必要なの?

屋根は見えないんだから塗装なんて必要ないんじゃない?と思っていませんか?そのように思っておられる方にも、屋根塗装をお考え中の方にもなぜ屋根塗装が必要なのか知っていただきたいと思います。
まず一般的な住宅で屋根塗装が必要のない屋根材は日本瓦くらいです。 それ以外の屋根素材は、例として ・スレート屋根 ・トタン屋根 ・セメント瓦屋根 ・ガリバリウム鋼板屋根 等があります。 ご自宅の屋根が日本瓦で無い場合は、必ず塗装が必要だと考えて下さい。

屋根塗装をする目的は、主に2つあります。

1屋根を保護する。
2太陽光(紫外線)や熱を防ぐ。
他には「見た目を良くする」目的もありますが
ただ、屋根は劣化しても地上から異変が見えにくいため近くで見る必要があります。
劣化部分がひどい場合は(棟の浮きや、屋根の下地の状態等)
塗装ではなく、屋根の修繕等が必要になる場合もあります。
見た目の重要性は高くありませんが、屋根は雨や風、紫外線をまともに
受けるため劣化しやすい部位です。
塗装を施す事で雨や風、紫外線から屋根の建築材だけでなくお家の内部の建築材を守る事にもつながります。
屋根の内部には防水シートが張られていますが、水の侵入を完全に防げるものではありません。
屋根の内部の防水シートは外気と内気の温度差で結露が発生し、既に10年前後で傷みが発生しています。
その為塗装をしなければ雨水などにより建築材は腐食してしまうでしょう。
又、屋根塗装を行わないと起きる問題ですが、雨漏り、強風や台風などで屋根が破損しやすくなります。
ではなぜそのような現象が起きるのか?ですが、塗装しないと雨水が屋根の内部まで侵入しやすくなり内部に侵入した雨水は、屋根材を劣化させるだけでなく室内にも侵入してきます。室内の天井にシミができている場合は既に雨漏りが発生しています。そうなってしまうと
予想外の修繕が必要になってきます。
その様な事態を未然に防ぐためにも屋根塗装は必要なのです。

屋根塗装のタイミング

外壁塗装の場合は、「10年前後が塗り替えの目安」と言われていますが、屋根は実際どうなのか。結論から言いますと、屋根も外壁と同じで10年前後が塗装の目安とされています。しかし屋根の場合は外壁と比べ、風雨や紫外線に晒されることが特に多いため、「注意」が必要です。
特に屋根は高い位置のため中々見て確認することが難しい場所です。劣化状況を発見したり、少しでも気になる点がある場合には、無理に屋根に登ってご自身で確認するのではなく、横浜リフォームサービスにいつでもご相談下さい。 現地調査、見積り、ご相談は無料で行っております。
時間や日時など気にせずお気軽にご連絡ください。
電話に出れない場合は、留守電にメッセージを入れていただければ
折り返しご連絡させて頂きます。
また、保険適用も可能な場合があるのでそちらもご相談下さい。