屋根の葺き替え工事について

葺き替え工事の必要性

雨や風から家を守ってくれる屋根ですが、屋根材が著しく劣化していて塗り替えだけでは本来の効果を発揮できないときや雨漏りで内部の木材などが腐食しているときに、古い屋根材を取り除き、新しい屋根材に張り替えることを言います。
屋根材(瓦)のみを新しいものに交換することもありますし、桟木(さんぎ)や防水シート・野地板の傷み具合でこれらも新しいものに取り替えることがあります。ただし、建物の形状や状態によっては、一部分だけを下地から表面まで取り替えることで済む場合もあります。それを、「一部屋根葺き替え工事」といいます。また、「瓦の一部だけのズレや傷みがあり交換する」 「雨漏りしている原因が単純」 「変色した部分のみ塗り直す」等の痛んだ場所のみを直すケースにおいては補修工事だけで済ませることが可能です。
特に、日本瓦とセメント瓦の場合は、瓦のズレや棟(屋根の一番上の部分)と下り棟(屋根の一番上から下に向かっている部分)の間にある土の剥がれ、また瓦の割れなどにより雨漏りが発生します。
そうなると屋根の修繕だけではなく、お家の内部の修繕も必要になり予想外の費用が掛かってきます。そのようにならないためにも屋根の点検は必要となります。

屋根の「葺き替え」と「塗装」の違い

屋根リフォームと聞くと、最も頭に浮かんでくるのが「塗装」です。特に、費用面に対しても葺き替え工事は費用が高くなるため「なるべく、出費を抑えたい!」という人は屋根塗装を選びたくなるかもしれません。
しかし、屋根塗装はあくまでも「防水性」と「美観」を維持するもので、割れや穴あきが起こった傷みの激しい屋根を直せるものではありません。寿命間際の屋根材や、劣化の激しい屋根に塗装をしても塗料が密着しませんし、防水性も復活しないでしょう。
今回の出費をおさえるために塗装の選択をしても、数年で結局葺き替えしなければならないという可能性もあります。そんな可能性のある傷んだ屋根材の場合では、葺き替えをしてお金がかかったとしても、結果的には総合的な出費を抑えることになり、プラス安心感にも繋がることでしょう。

葺き替え工事のタイミング

屋根材は、普段はなかなか目に入らないため傷みにも気づきにくく、メンテナンスのタイミングを逃がしていることも多いです。そのため、屋根がだいぶ劣化した頃に葺き替えを検討するケースもあります。
特に屋根は実際に見て確認することが難しい場所となっているので、「雨漏りが発生している」「屋根材の耐用年数が近い」「屋根瓦に複数の欠損がある」「台風で屋根材が飛んだ」等の不具合が出たら、まずは経験豊富な私共、横浜リフォームサービスまでご連絡ください。 時間や日時など気にせずお気軽にご連絡ください。 電話に出られない場合は、留守電にメッセージを残していただけると 折り返しご連絡させていただきます。